京都精華大学「自由論」公開講座 鈴木涼美「女性と自由」11月12日(金)19:00-20:30

京都精華大学では、全学部1年生の必修科目として「自由論」を設置し、学長ウスビ・サコ自ら「自由とは何か」をテーマに講義を行っています。学内外から多様なゲストを招いて、「ダイバーシティと自由」「表現と自由の問題」「漫画や風刺と自由」など様々な切り口から自由について考察し、学生一人ひとりが、自分の生き方や社会を変えていく力を身につけることをめざしています。 「自由論」の特別回として一般公開の講演会(ウェビナー・ハイブリッド)を2回開催します。 一回目は現代女性のリアルや、夜の街を舞台にしたエッセイ、男女観からみた日本社会などたくさんの著作を発表しているライターの鈴木涼美さんに、新しいアングルから女性と自由について語っていただきます。学内外問わずどなたでも参加できます。ふるってご参加ください。 近代の男女平等を唱える運動を経て、女性に関する言論はまた近年新たに揺れ動いています。世界的な運動に発展したme too運動、企業や公的機関におけるジェンダー平等化の取り組み、そして多様な性の自由を認めるSDGsの推進。…1990年代以降私たちのジェンダー観は大きく変化しています。 いま、リアルな女性は何を求め、どんな生き方を望むのか。女性にとって自由とは何か。世代の違う女性たちの生き方や考えかたの変化についても考えてみたいと思います。 講演会ポスター suzukisuzumi12112021-1ダウンロード 講演者 鈴木鈴美 司会 ウスビ・サコ 阿毛 香絵 日時 2021年11月12日(金)19時~20時30分 オンライン開催(一部対面・ハイブリッド) オンライン登録 https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_IA76Ne3DRRe-XuOQbh9Dww 対面参加申し込み(定員30人) https://forms.gle/YKctvGswLUnvTCveA 教室:流渓館R-201 問い合わせkaeamo@kyoto-seika.ac.jp 講演者プロフィール 鈴木涼美 1983年生まれ。東京都出身。慶應義塾大学在学中にAVデビュー。東京大学大学院修士課程修了後、日本経済新聞社に5年半勤務した。著書に『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』(青土社)、映画化もした『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』(幻冬舎文庫)、『おじさんメモリアル』(扶桑社)『オンナの値段』(講談社)『女がそんなことで喜ぶと思うなよ』(集英社)、『可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい』(東京ニュース通信社)、『すべてを手に入れたってしあわせなわけじゃない』(マガジンハウス)、『非・絶滅男女図鑑』(集英社)がある。 https://bunshun.jp/articles/-/30064https://bunshun.jp/articles/-/38542https://chuokoron.jp/series/series_117415.html週間ゲンダイ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/86535AM https://am-our.com/special/493/14500/朝日 https://danro.bar/post-13211657/

L’Université Kyoto Seika vous invite au webinaire : Pour une coopération nippo-africaine d’enseignement universitaire, Jeudi 18 mars 2021 – 10H00 GMT

Langues :Français et Japonais(traduction consécutive) 日本語のインフォメーションはこちらから information sur le site en Japonais Comment la crise sanitaire a-t-elle bousculé les pratiques d’enseignement ? Quel futur pour les programmes d’échanges universitaires entre le Japon et l’Afrique francophone ? Oussouby Sacko, le président de l’Université Kyoto Seika engage la conversation avec cinq dirigeants d’universités et institutions académiques africaines... Lire la Suite →

WEBINAR « Vers le Monde! Les cultures africaines en mouvement »​ Haweya MOHAMED/ Serge NOUKOUE / Kae AMO

ウェビナーは日仏逐次通訳で行われます(日本語の案内はページの下から) Webinar organisé par l'Université Kyoto Seika (JAPON) 27 Novembre 2020 19:30~21:00 JST (Tokyo) 11:30~13:00 CET (Paris) 13:30 ~15:00 EAT (Nairobi) Pour notre prochaine séance de Webinar à l'Université Kyoto Seika, on discute sur les dynamiques des cultures africaines à travers le monde, avec deux invités exceptionnels: Haweya MOHAMED (Abrobytes) et Serge NOUKOUE (Nollywood Week)!... Lire la Suite →

ゴレ島訪問(セネガル訪問記1)/ Visit de l’île de Gorée

Désolée, en version japonaise uniquement. こちらは、よく更新している私の家族ブログに乗せていたセネガル訪問の記事です。セネガルの観光記事ですが、歴史について写真つきでわかりやすいので、こちらにも掲載します。 --- 今日は、ダカールの最も重要な歴史的な観光地であり世界遺産でもある、ゴレ島訪問について。 この島は、奴隷貿易の拠点としてかつて発展した島です。 観光記事として描いていますが、内容はもちろん明るいものではありません。 苦手な方はご遠慮ください・・・。 ↑島の精霊をイメージして。追悼の念もこめて。   さて、ダカールからゴレ島までは、船で15~20分程度。あっという間に着きます。 船の時間は決まっていて、一日に何往復もしていますが、1時間~3時間に一本程度なので、事前に時間を確認してから行きましょう!     ダカールの港から船に乗り込みます。 外国人観光客のチケットは一人5000CFA(800円くらい)、地元の人はもっと安く乗れ、さらに島に住む人々には割引があります。     今日はお昼前の時間とあって、一番人が多い便。   多くの観光客は、お昼前には島について昼食をその場でとり、島で半日~1日を過ごします。   船の上には島に住む乗客たちや、観光客のガイド、そしてダカールから島の生活必需品などの積荷を出荷する人々も。   島が見えてきました。     ゴレ島船着場。地元の人たちの乗る漁船もちらほら。       島に降り立つと、「ガイド」を名乗る人々が次々に声をかけてきます。 やはり始めはガイドがいると英語で説明してくれるので分かりやすいです。 オフィシャルガイドは8000CFA(1300円くらい)だそうです。     植民地時代に建てられた家々のピンク色の壁に、咲く花々や木が鮮やか。 これだけでもポストカードのよう。     島に入って食事を済ませた後、 午後から今日の目的だった、 「奴隷の家」を訪れます。     当時はこの奴隷の家に、アフリカ各地から集められたり売られたりしてきた 奴隷が一度に200~300人も収容されていたそうです。   そして、ここで買い手がついた奴隷達は、船に乗せられてアメリカ大陸各地へ。     恐ろしいのが、「家」は二階建てなのですが、下の穴倉のような一階に奴隷達を閉じ込めて、... Lire la Suite →

【アフリカ音楽1】アマドゥとマリヤム/Introduction à la Musique Africaine Francophone (cours TUFS)

Dans mon cours à la Tokyo University for Foreign Studies (TUFS),  "Découvrir l'Afrique en français" , j'ai présenté des musiques africaines. Cette série est destinée au public japonais qui veut découvrir la musique en Afrique francophone. 春学期の東京外国語大学の講義、「フランス語で⾒るアフリカI」(シラバスや授業資料一部など見られるようにしました。リンクからどうぞ)の中で、2回に一回ほど、アフリカのポピュラーミュージックを紹介してきました。 このブログで、授業で取り上げた私も大好きなアフリカ音楽を、一曲づつ歌詞の和訳と一緒に紹介したいと思います。計5回ほどの特集です。 はじめは、マリ人の盲目の夫婦の歌手、アマドゥとマリヤムの「あなたを想ってる」です。 毎回授業の後に、インスタのイラスト日記取り上げたミュージシャンの似顔絵とコメントを描いていたので、これも載せていきます^^↓ すぐ下にクリップ影像のリンクを貼っておきます。 このクリップ影像がすばらしい!まだアフリカに行ったことが無い娘に見せると、いつも子供達の表情や伝統服で動き回る女性などを食い入るように見つめています。 画像クリックでYoutubeに飛びます↑ Je pense à toi mon amour, ma bien aimée Ne m'abandonne pas... Lire la Suite →

Créez un site Web ou un blog gratuitement sur WordPress.com.

Retour en haut ↑