京都精華大学「自由論」公開講座 鈴木涼美「女性と自由」11月12日(金)19:00-20:30

京都精華大学では、全学部1年生の必修科目として「自由論」を設置し、学長ウスビ・サコ自ら「自由とは何か」をテーマに講義を行っています。学内外から多様なゲストを招いて、「ダイバーシティと自由」「表現と自由の問題」「漫画や風刺と自由」など様々な切り口から自由について考察し、学生一人ひとりが、自分の生き方や社会を変えていく力を身につけることをめざしています。

「自由論」の特別回として一般公開の講演会(ウェビナー・ハイブリッド)を2回開催します。

一回目は現代女性のリアルや、夜の街を舞台にしたエッセイ、男女観からみた日本社会などたくさんの著作を発表しているライターの鈴木涼美さんに、新しいアングルから女性と自由について語っていただきます。学内外問わずどなたでも参加できます。ふるってご参加ください。

近代の男女平等を唱える運動を経て、女性に関する言論はまた近年新たに揺れ動いています。世界的な運動に発展したme too運動、企業や公的機関におけるジェンダー平等化の取り組み、そして多様な性の自由を認めるSDGsの推進。…1990年代以降私たちのジェンダー観は大きく変化しています。

いま、リアルな女性は何を求め、どんな生き方を望むのか。女性にとって自由とは何か。世代の違う女性たちの生き方や考えかたの変化についても考えてみたいと思います。

講演会ポスター

講演者 鈴木鈴美

司会 ウスビ・サコ 阿毛 香絵

日時 2021年11月12日(金)19時~20時30分

オンライン開催(一部対面・ハイブリッド)

オンライン登録

https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_IA76Ne3DRRe-XuOQbh9Dww

対面参加申し込み(定員30人)

https://forms.gle/YKctvGswLUnvTCveA

教室:流渓館R-201

問い合わせ
kaeamo@kyoto-seika.ac.jp

講演者プロフィール

鈴木涼美

1983年生まれ。東京都出身。慶應義塾大学在学中にAVデビュー。東京大学大学院修士課程修了後、日本経済新聞社に5年半勤務した。著書に『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』(青土社)、映画化もした『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』(幻冬舎文庫)、『おじさんメモリアル』(扶桑社)『オンナの値段』(講談社)『女がそんなことで喜ぶと思うなよ』(集英社)、『可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい』(東京ニュース通信社)、『すべてを手に入れたってしあわせなわけじゃない』(マガジンハウス)、『非・絶滅男女図鑑』(集英社)がある。

https://bunshun.jp/articles/-/30064
https://bunshun.jp/articles/-/38542
https://chuokoron.jp/series/series_117415.html
週間ゲンダイ https://gendai.ismedia.jp/articles/-/86535
AM https://am-our.com/special/493/14500/
朝日 https://danro.bar/post-13211657/

Votre commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l’aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Photo Google

Vous commentez à l’aide de votre compte Google. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l’aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l’aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

Connexion à %s

Créez un site Web ou un blog gratuitement sur WordPress.com.

Retour en haut ↑

%d blogueurs aiment cette page :