ゴレ島訪問(セネガル訪問記1)/ Visit de l’île de Gorée

Désolée, en version japonaise uniquement.

こちらは、よく更新している私の家族ブログに乗せていたセネガル訪問の記事です。セネガルの観光記事ですが、歴史について写真つきでわかりやすいので、こちらにも掲載します。

今日は、ダカールの最も重要な歴史的な観光地であり世界遺産でもある、ゴレ島訪問について。

この島は、奴隷貿易の拠点としてかつて発展した島です。

観光記事として描いていますが、内容はもちろん明るいものではありません。

苦手な方はご遠慮ください・・・。

↑島の精霊をイメージして。追悼の念もこめて。

 

さて、ダカールからゴレ島までは、船で15~20分程度。あっという間に着きます。

船の時間は決まっていて、一日に何往復もしていますが、1時間~3時間に一本程度なので、事前に時間を確認してから行きましょう!

 

 

ダカールの港から船に乗り込みます。

外国人観光客のチケットは一人5000CFA(800円くらい)、地元の人はもっと安く乗れ、さらに島に住む人々には割引があります。

 

 

今日はお昼前の時間とあって、一番人が多い便。

 

多くの観光客は、お昼前には島について昼食をその場でとり、島で半日~1日を過ごします。

 

船の上には島に住む乗客たちや、観光客のガイド、そしてダカールから島の生活必需品などの積荷を出荷する人々も。

 

島が見えてきました。

 

 

ゴレ島船着場。地元の人たちの乗る漁船もちらほら。

 

 

 

島に降り立つと、「ガイド」を名乗る人々が次々に声をかけてきます。

やはり始めはガイドがいると英語で説明してくれるので分かりやすいです。

オフィシャルガイドは8000CFA(1300円くらい)だそうです。

 

 

植民地時代に建てられた家々のピンク色の壁に、咲く花々や木が鮮やか。

これだけでもポストカードのよう。

 

 

島に入って食事を済ませた後、

午後から今日の目的だった、

「奴隷の家」を訪れます。

 

 

当時はこの奴隷の家に、アフリカ各地から集められたり売られたりしてきた

奴隷が一度に200~300人も収容されていたそうです。

 

そして、ここで買い手がついた奴隷達は、船に乗せられてアメリカ大陸各地へ。

 

 

恐ろしいのが、「家」は二階建てなのですが、下の穴倉のような一階に奴隷達を閉じ込めて、

上の階で白人達は優雅に暮らしていたそうです。

 

下から見ると分かるのですが、普通の木のフローリングの床の間から、上が見えている・・・。

どうやって下で鎖につながれて苦しんでいる人々の上で平気でご飯を食べたり寝たりできたのか・・・。恐ろしいと同時に謎です。

 

今日は上の階の展示は残念ながら工事中で閉まっていましたが、普段は航海中の船の見取り図や、

奴隷達をつないでいた鎖などが見られます。

 

いずれにしてもひどい状況だったのに変わりはなく・・・

奴隷達は出身地や言葉、民族などはかまい無く

男性は男性、

女性は女性、

そして子供たちは子供達で別々の部屋に分けられ、

良い値で売れるようにと、

パーム油やとうもろこしなどを食べさせられて太らされたと説明されました。

 

 

中でも印象的な部屋が、

抵抗したものを閉じ込めておく小さな部屋で、

ここは成人男性が立てない天井の高さ。

 

 

ここに何時間も、ときに何日も閉じ込められると、

外に出たとき普通に歩けなかったそうです。

 

 

女性や子供達に関してはつらい内容なので、

あまり詳細には書きませんが、

やはりばらばらにされ、そしてもちろん同じ買い手がつかないことがほとんどなので、

生き別れになってしまったとか。

 

 

そして家の奥には、

有名な「帰らずの扉」が今も残っています。

 

 

ここから外を見ると、目に映るのは大西洋。

このドアから出て船に乗り込んだ奴隷達は、

二度と故郷に帰ることはありません。

 

 

そして、ひどいことには、船酔いや病気、ひどい衛生状態や栄養状態のせいで、船にのせられた奴隷たちの三割から4割も航海中に命を落としたといいます。

 

奴隷の家は、お祈りをしながら回っている観光客の姿もしばしば見かけます。

こうして命を落とした人々の怨念がこもっているのでは、と思うと私もこころの中でそっとお祈りしました。

 

 

奴隷貿易の島だった、というだけではなく、

ゴレ島はもともと海の精霊などが寄り付くパワースポットとしても知られています。

 

 

島全体がちょっと特殊な雰囲気に包まれ、

観光地だからと水着で追悼の場ではしゃいだり、

精霊の気にふれるようなことを言ったりしたりすると、

何もないところですっころんだりする、というから

要注意・・・!

 

いつか訪れることがあれば、

静かな気持ちで訪れることをおすすめします。

 

奴隷の家で写真も記事もいっぱいになってしまったので、

もう一回、ゴレ島のほかの見所を次の記事で描こうとおもっています。

 

なにしろゴレ島はほぼ観光で食べている島。

島の住人の大多数がアーティストや、スーベニアアートを売ったり、レストラン経営をしたりして生計を立てています。

今回はセネガルで有名な「砂絵」をデモしてもらいました!

 

お楽しみに☆

 

よい一週間をお過ごしください!

Votre commentaire

Entrez vos coordonnées ci-dessous ou cliquez sur une icône pour vous connecter:

Logo WordPress.com

Vous commentez à l’aide de votre compte WordPress.com. Déconnexion /  Changer )

Photo Google

Vous commentez à l’aide de votre compte Google. Déconnexion /  Changer )

Image Twitter

Vous commentez à l’aide de votre compte Twitter. Déconnexion /  Changer )

Photo Facebook

Vous commentez à l’aide de votre compte Facebook. Déconnexion /  Changer )

Connexion à %s

Propulsé par WordPress.com.

Retour en haut ↑

%d blogueurs aiment cette page :